tt



レインのアンダーマインって?

レインの持つSレンジスキルです。レインはタレントの効果により、これを当てることで敵のATK・INT・DEFを-10%とする効果が発生します。

今回は、これを当てた場合に敵のATKとINTによるダメージがどの程度減少するのか、というお話です。

Screenshot_2017-10-04-07-39-12

使用キャラのステータスはこちら。検証場所はルシフェル超級、及び滅級です。

検証

クリティカルでの違い
qwe

まずは、ルシフェル超級での検証。画像は左から順にデバフ無し、デバフ有り、クリティカル時、デバフ有りクリティカル時です。

使用技は上から順にトルネード、テレポート、ライト(レフト)ウィングです。トルネードはINT攻撃です。

とりあえず、ATKやINTだからと言ってそれほど大きな差はつかなそうです。これはたぶん、ルシフェルのATKとINTがほぼ同等の数値だからでしょうか。

クリティカル無しだと約20%、クリティカル時だと約10%ダメージが減少します。

同じ効果のデバフでも、クリティカルかそうでないかによって結構差が出るようです。

難易度による違いは?
qw

では、難易度による違いはあるのでしょうか。つまり、敵のATK&INTが上がった場合に効果は変動するのか、という検証です。

この場合、クリティカル無しだと約13%、クリティカル時だと約10%ダメージが減少します。

どうも、敵の攻撃力が上がるとデバフ効果通りの数字に近付き、クリティカルの有無での差が減るようです。

被ダメ減系のタレントとの組み合わせ
yy

レイミの被INTダメージ-40%と組み合わせたらどうなるでしょうか。画像は上が超級で下が滅級です。

まずは、超級。クリティカル無しだと約20%のダメージ減少、クリティカル有りだと約10%です。

本来のダメージと比較した場合は、クリティカル無しだと約52%、約46%減少します。

滅級の場合。クリティカル無しだと約13%で有りだと約10%のダメージ減少ですかね。

本来のダメージからするとクリティカル無しで約48%、クリティカル有りで約46%です。

まとめ

そんな感じで、アンダーマインの効果を色々比較しました。

とりあえず、クリティカルの場合は敵の強さに関わらずダメージ減少率は固定で、敵の攻撃力が低くなるほどデバフの効果が上がるということみたいです。

滅級くらいになるとクリティカル時と非クリティカル時の減少量はそれほど変わりませんね。

また、被ダメ減系のタレントを組み合わせた場合は、単純な効果の足し算にはならないようです。まあ、現状は誤差の範囲と言ってしまってもいいのですが。

ただ、いずれ20%、30%のデバフが出てきた時は誤差ですまないかもしれないので、一応頭にはいれておきたいですね。

さて、低難易度の方がデバフの効果が高かった理由についてですが…これについてはよくわかりません。

おい。

だってそんなん想定してませんでしたしー。これがわかればアナムネシスのダメージ計算式とかもわかりそうですが、私の頭は未開惑星なのでようわかりません。

きっと、いつか文明の進んだ誰かが正解に導いてくれるでしょう!

よかったら、この検証をみなさんの攻略の参考にして下さいねー。

追記

>※3さん

ほえ~、この結果はそういう理由からだったんですね~。

すごくわかりやすかったです!ありがとうございます!