aa
●ルシフェル使用技一覧
 ・横薙ぎ:溜め動作から横に薙ぎ払う。密着、背面安全地帯
 ・レフト・ウィング:飛び上がり後、左に移動しながら連続誘導弾
 ・ライト・ウィング:飛び上がり後、右に移動しながら連続誘導弾
 ・英知開放:本気モード。滞空時に近接の飛び上がり技が当たる
 ・テレポーテーション:瞬間移動後、誘導弾と風の奔流の二択
 ・トルネード:赤いライン内を竜巻が通過。INT攻撃
 ・ダークイーター:闇の魔物を召喚。INT攻撃
 ・エアロ・スプレッド:前面に風の散弾
 ・亡びの風:空中に移動後、全体攻撃
 ・虚脱の風:ラッシュゲージ減少床
 ・腐敗の風:HP減少床。
 ・ストームアッパー:赤いライン上をウィンドブレードが通過。集束地点でトルネード。New
●ルシフェル備考
 ・炎属性弱点
 ・種族『人間』
 ・毒が効きにくく、それ以外の状態異常がやや効く。麻痺はそれなりに有効。

■攻略の基本方針
■主要技
 ・ストームアッパー
 ・亡びの風
 ・テレポーテーション
 ・各種ウィング
■まとめ



攻略の基本方針

op1uNMwSV

基本的には獄級とあまり変わりません。

近接キャラなら密着していきますし、遠距離キャラなら各種ウィング等の出の速い技を警戒しながら攻撃を仕掛けていくことになります。

体力が減るにしたがって新技の『ストームアッパー』を多用してくるので、その点は注意ですね。

獄級である程度練習をしてた人なら、ストームアッパーさえ攻略出来れば概ね安定した立ち回りが出来ると思います。これについては後述で。

ルシフェル絶級の一番の課題は、動き回ることと体力の多さです。

動き回る方は、300%コンボに拘らずにゲージとダメージの良い技から優先して使うようにすればいくらか対処できるかと思います。敵の隙自体は大きいので、完全に安全だと思ったらチャージアサルトを使用してもいいです。

体力に関しては、安定したPTを組もうとするとラッシュを毎回4人で揃えてギリギリってくらいですかね。

なので、今回はよほど火力に自信のあるPTでもなければ単ラッシュは封印した方が良さそうです。

今回は殲滅モード後もそこそこ戦える敵なので、最後まで諦めずにいきましょう。

主要技

ストームアッパー
Screenshot_2017-09-22-21-10-58

滅級から使用することになる新技です。

最初に3本の赤いライン上をウィンドブレードが通過し、次に2本のライン上をウィンドブレードが通過。最後に集束地点に竜巻が発生します。

とりあえず、画像の赤いライン以外は安全地帯です。ルシフェルのちょい横と、赤いラインの外側です。ここにいれば当たりません。

毎回真ん中ら辺にいて避けられないという人は、ひとまず密着するかラインの外側、特にルシフェルの反対側に向かって移動すると良さげです。

また、この技は最初にルシフェルが立っているラインと一番外側のラインをウィンドブレードが通過します。

なので、近接の場合はルシフェルのとこをウィンドブレードが通過したらもう殴り始めていいです。

遠距離の場合はいったん外側に避けてから攻撃を始めると安全なんじゃないでしょうか。

ただ、この技の一番の注意点は、技が終わると同時に各種ウィングを打ってくることです。

ターゲットにされているキャラには、これが当たろうが外そうが問答無用で打ってきます。生き残ったからといって油断しないで次の行動に移りましょう。

亡びの風
a1

獄級から引き続き多用してくる全体攻撃技です。

絶級になりましたが、そこまでの威力はありません。

ガードするか、初弾だけでも回避出来れば大ダメージにはならないと思います。

ルシフェルは耐久型のボスなので、これを単ラッシュして潰すようなことは基本的にはやめましょう。

周りの封印が解けたのを確認しつつ、全員でラッシュを仕掛けるのが望ましいです。

殲滅モードに入ったらかすっただけで死ぬので、その場合は単ラッシュで潰したり壁を使って全回避したりしましょう。

テレポーテーション
a3

獄級から引き続き多用してくる移動攻撃です。テレポート後は2種類の技に派生します。

攻撃前のモーションに変更はありません。『雑魚が』の台詞で連続誘導弾、『ふはははは』と笑ったら風ビームです。

絶級で使用頻度が一層増えたため、近接キャラの場合だと中々攻撃が当たらないということがあります。

密着し、背面に回ればどちらの技でも当たらないので、距離や角度、タイミング次第ではチャージアサルトで追うのもいいと思います。

各種ウイング
a2

移動しながら風の連弾を放つ技です。開幕でホストの人がわりとよく死ぬ技です。

出が速い上に高火力なので、遠距離には辛い攻撃です。狙われている場合はいくらかAPに余裕を持って攻撃しましょう。

使用技によってはそれが死角を作ってしまう場合もあるので注意ですね。

近くにいれば当たらないので、近接キャラには移動が鬱陶しい程度の技です。

ストームアッパー後は確実にこれで追い打ちをかけてきます。ストームアッパーを食らったとしても、躱したとしても、そこで気を抜くことはしないようにしましょう。

まとめ

そんな感じのルシフェル絶級です。

技そのものは驚異ではありませんが、時間内にどれだけ多くダメージを与えられるかというのがポイントになってくるキャラです。

ラッシュ火力はもちろん、通常時にどう攻撃を捌いてダメージを稼げるかも工夫が必要そうですね。

で、今回はどのキャラでいくのがいいんですの?

とりあえず、火力担当のキャラ一人はいた方がいいと思います。所謂フィニッシャーですね。これをサポートする形の編成が一番やりやすいんじゃないでしょうか。

ふむふむ。

後は、ヒットカウンターです。今回はテレポートやら亡びの風やらでラッシュゲージボーナスが切れやすいので、ヒットカウンター持ちがいるとゲージ貯めが安定して快適です。

参考までに、私が初めて絶級をクリアした時のPTはエッジ、ミラージュ、プリシス、レナでした。

特にエッジは今回ゲージを稼ぎにくいので、プリシスのヒットカウンターは重宝しましたねー。

絶級ルシフェルは良く動き、HPも高い強敵です。

少しでもダメージが稼げるようあれこれ模索しつつ、攻略頑張っていきましょうー。