オペラ9



基本スペック
※赤字は覚醒後変更点  
                      
ステータス
HPATKINTDEFHITGRD
15330 2508 1589 1523 1267 924
 
       
ラッシュ
倍率ラッシュバフ
4500% クリティカル率+30% クリティカルダメージ+30%(全体/20秒間)
 
                
タレント
与ダメージ+45% 標的と遠距離時に与ダメージ+75%(全体) 標的と近距離時にDEF+30%
スタンさせやすさ+30% 標的と遠距離時にスタンさせやすさ+50%(全体)
攻撃中に怯まない 被ダメージ-40% スキル3連携以上の時に消費AP-50% 与ATKダメージ+40%
 
            
タレント2
スタン状態の時に被クリティカル発生率+50%(敵全体) スキル5連携以上の時にクリティカル発生率+100%
 
     
アシストスキル
アシストスキル
クリティカル率+30% クリティカルダメージ+30%(全体/20秒間)

覚醒オペラはライフルのエースシューターです。

スタンさせやすさアップタレントを持つ与ダメバッファーで、戦闘中のエレバの回数を増やして安定的にダメージを与えることができます。

ラッシュ後、スタン状態時、5連携以上時のクリ系タレントも強いので高難易度でも編成しやすいキャラになっています。

ここが魅力!

スタンバッファー

オペラは高性能なスタンさせやすさアップとスタン時敵の被クリ率アップタレントを持つキャラです。

これによりエレバしやすくなるので安全にコンボを決めやすく、敵の被クリ率アップのお陰で火力も高くなるのが便利ですね。

安全に、かつ高火力なコンボをしやすいキャラになっています。

クリティカルシューター

オペラはラッシュ後クリ率&クリダメアップ、スタン時敵の被クリ率アップ、一定連携時クリ率+100%を持つシューターです。

特に敵の被クリ率アップは被り難いのでエレバすると火力が出しやすくなるのがいいですね。

クリ系は覇級等の高難易度ミッションで便利なので編成しやすいキャラになっています。

基本の立ち回り

スキル構成は繋ぎのαオン・ワンとローテイト・ケイジ、主力のライトニング・ブレットでいいかと思います。

範囲攻撃が活きそうならグラビティ・シェル、飛び上がり技を入れても大丈夫そうならスプレッド・レイと入れ替えていけばいいでしょう。

与ダメアップやスタンさせやすさアップが活きるので遠距離主体で戦います。ライフルは射程が長いので目いっぱい距離をとっても攻撃が当たります。

攻撃中に怯まない&被ダメ減タレント持ちですが保険程度です。シューターの耐久力だと発動しなかったら即死なので回避優先でいきましょう。

連携条件タレント持ちなので基本的には消費APの少ない技をコンボの頭に持ってきます。狙われている時や範囲攻撃が強い時などフルコンボ出来そうもないならライトニング・ブレッド辺りを先に持って来て戦うのもアリです。

シューターなのでそこそこ狙われます。狙われたら他のキャラが攻撃しやすいようにも注意しつつ、上手く攻撃を繋いで反撃していきたいキャラになっています。

スキル&ラッシュ詳細

                                                                                         
スキル名 属性 倍率ヒット数レンジ消費AP
αオン・ワン
ATK×250%
5
L
17
グラビティ・シェル
ATK×400%
8
L
24
スプレッド・レイ
ATK×790%
5
S
32
ライトニング・ブレット
ATK×970%
5
L
35
ローテイト・ケイジ
ATK×470%
3
L
23
                             
ラッシュ名 属性 倍率ヒット数レンジラッシュバフ
ハイパー・ランチャー
ATK×4500%
10
L
クリティカル率+30% クリティカルダメージ+30%(全体/20秒間)

αオン・ワンは使いやすい繋ぎ技です。着弾まで時間差があるのでコンボの最初に持ってきてCB後乗せするといいかなと思います。

グラビティ・シェルはオペラの中では範囲の広い繋ぎ技です。敵の数が多いなら多少使いやすいと思います。

スプレッド・レイは火力もゲージも結構いい技です。Sレンジ表記ですがCAしても中距離くらいで止まります。空中回避ができないので使いどころは選ぶ技です。

ライトニング・ブレットは使いやすい繋ぎ技です。敵が移動しても追尾してくれるので迷ったら使っていけばいかと思います。

ローテイト・ケイジはやや後退しながらの繋ぎ技です。そこそこコンボに挟んでいきましょう。

ラッシュはATK2508×4500%なので平均的なバフシューターの威力です。ラッシュ順は2番手くらいになることが多いでしょう。ラッシュ後は20秒間、全体のクリ率とクリダメを+30%します。

コンボ例

コンボ例
L通常→αオン・ワン→ローテイト・ケイジ→ライトニング・ブレット×3(AP94)
L通常→ライトニング・ブレット→ローテイト・ケイジ→ライトニング・ブレット×2(AP95)

①は無難に強いコンボです。最後まで繋げられる状況の時に狙っていきます。

②は狙われてる時や範囲攻撃が強くてフルコンしにくい時に使います。

シューターはそこそこ狙われるので状況も見つつコンボを繋げていきたいキャラになっています。

タレント解説

※赤字は覚醒後変更点  
              
タレント
与ダメージ+45% 標的と遠距離時に与ダメージ+75%(全体) 標的と近距離時にDEF+30%
スタンさせやすさ+30% 標的と遠距離時にスタンさせやすさ+50%(全体)
攻撃中に怯まない 被ダメージ-40% スキル3連携以上の時に消費AP-50% 与ATKダメージ+40%
 
            
タレント2
スタン状態の時に被クリティカル発生率+50%(敵全体) スキル5連携以上の時にクリティカル発生率+100%

遠距離時に与ダメアップやスタンさせやすさをパワーアップさせます。敵との距離はターゲットマークがshortかlongかで判断します。

一定連携以上でタレントが発動します。これは通常攻撃を含み、同じスキルを連続して使用しても発動するタレントです。①L通常×2→②ローテイト→③ローテイト→④ローテイト→⑤ローテイト→⑥ローテイトとやったら④から消費AP減が、⑥からクリ率+100%の恩恵が得られるというタレントです。

攻撃中に怯まず、被ダメ-40%も発生します。被ATKダメ減や被INTダメ減とは同時に効果が発生します。

お勧め装備

AP回復速度アップ付きの装備が便利です。間隙の腕輪とかです。

ディフェンダーがいなかったら狙われるのでブースターシューズのような機動力アップ系装備でもいいですね。

クリティカル率アップやスタンさせやすさアップは自前で持っているもので十分なので不要かと思います。

まとめ

覚醒オペラは与ダメアップとクリティカル、スタンさせやすさで味方を支援するバフシューターです。

オーソドックスに使いやすいライフルシューターなのでシングルでもマルチでも編成しやすいキャラですね。

オペラさんは覚醒でクリ系能力がアップしたのがいいですわよね。高難易度ミッションで使いやすいですわ。

ですね。覇級等はクリティカルがないと全然ダメージが通らんということもしばしばあるので、スタンさせやすさアップと合わせて高難易度向きなシューターだと思います。

様々なバフで味方を支援しつつ遠距離からのコンボで敵を倒す覚醒オペラを、ぜひぜひ、使ってみて下さいねー。