Screenshot_2017-04-13-

 イベント概要:アミナから弓の使い方を教わったフェイズは、リムルにも弓を勧めようとするが、リムルはなぜかそれを頑なに拒む。その後、“銃”の特訓を開始したリムルの真意とは……。
 ということで、今月のシーズナルイベントはリムルが担当。
 今回のシーズナルイベントイベントから、配布キャラは☆5になり、3Dモデルも既存の色替えではなく新衣装での参戦。動きも気合入ってますねー。

 さて、気になる性能ですが、ステは☆5非エース相当でしょうか。
 INTで攻撃するタイプのシューターで、タレントは『与ダメージ+35%(自分、ヒーラー、キャスター)』『与ダメージ+25%(全体)』『詠唱短縮100%短縮』『詠唱短縮20%(全体)』の四つ。
 ラッシュがINT×2500%、ラッシュ後与ダメ60%(自分、キャスター)。
 
 使える場面が限定されているものの、今までの配布キャラに比べるとかなり強くなってますね。
 現在のマルチはATK型の優位の環境なので使いにくい感はありますが、全体INTアップ持ちのキャスターや後衛支援型のディフェンダーがくれば化ける可能性が十分にあるキャラです。
 というか……現状でもエマーソン辺りよりは強い……ような……。
 配布で5凸までいけるので初心者にはお手軽なキャラになりそうです。

 それと、今回は配布武器の『ケルベロブラスター』にHP20%以上で確率60%の生存というファクターが付いています。
 もしも今後、物理耐性の洞窟が知能の宮殿並の難易度になるとしたら、開幕で致死性の攻撃を打ってくる敵が出てくることも有り得るでしょう。
 その際、キャスター不足のプレイヤーにとってはこの銃を装備したリムルが活躍する可能性も十分あるので、ぜひ確保しておきたい武器です。

 まとめますと、配布武器も含めて弱すぎず強すぎず、ちょうどいい性能のキャラだと思います。(まあ、滅級クラスの敵とは戦ってないので、あくまでカタログスペックに近い評価になりますが)
 このくらいの強さだとマルチにも連れていきやすいので、今後の配布キャラもこのくらいの強さで行ってくれると嬉しいですねー。